企業方針

- 経営と環境の両立 -

低減

廃棄プラスチック低減と生成油利用

ゴミといえども
会社の資産として有効に活用する。

責任
環境負荷低減=社会的責任
地球規模での環境問題に対し企業の社会的責任を果たす。
削減
CO2の削減
企業としてCO2削減へ取り組んでいくことは、地球規模の課題への対策である。

会社概要

会社名エンバイロメントシステム有限会社
代表取締役塚田 正隆
住所〒370-1301 群馬県高崎市新町3248-4
連絡先TEL:027-450-8620
FAX:027-450-8639
主要取引先丸紅株式会社
株式会社グローバルアライアンスパートナー
KISCO株式会社
グリーン・ゲート株式会社
株式会社ストリートデザイン
ファイン・エコ・ソリューション株式会社
株式会社細川洋行
共同研究機関国立研究開発法人 産業技術総合研究所
関東学院大学
つくば環境工学
会社設立2002.5(平成14年5月)
資本金300万円
事業内容プラスチック油化装置 製造・設計・システム開発
プラスチックリサイクル装置 製造・設計・システム開発
プラスチックリサイクルに関するコンサルティング業務
主要取引銀行みずほ銀行/ぐんまみらい信用組合/日本政策金融公庫

沿革

1998.4エコロジー研究所(個人)設立
1995.11株式会社NTS廃プラスチック油化技術の開発と実施動向へ寄稿
2002.5エコロジー研究所を法人化 エンバイロメントシステム有限会社設立
2003.6基礎実験用卓上デモ機作成
2004.12連続投入方式特許出願
2005.4中本パックス株式会社名張工場 E-1500(3t/日)設置 中部経済産業省補助事業
2006.4株式会社細川洋行群馬藤岡工場 E-3000(6t/日)設置 NEDO補助事業
2011.10関東学院大学工学部機械工学科内燃機関研究室共同研究開始
2013.2食品複合包材のアルミ分離基礎研究開始
2021.6油化装置研修用テキスト 「油化装置マニュアル」/「油化装置の設置および生成物の処理に関する関連法規の概要」第3版に改定